はおにろ の 日々 はおにろ の 日々 目安箱は気休め箱 忍者ブログ
岡山県高梁市の山の中。 ちいさな一軒家での4人と1匹の暮らし。
[72]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [61]  [60]  [59
2017/08/22 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/03/23 (Fri)
このところ瓦礫を全国で処理しようとする動きが非常に多い。
僕の住む岡山県でも知事は受け入れに前向きな発言をしていると
メディアにあがりました。
それはいけま!という事で
とりあえず、岡山県庁と高梁市に電話
岡山県庁には目安箱なるものに
徳島県の県民への回答を送ってみました。
先日、岡山県庁から回答のメールが送られてきたので
ここに載せてみます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 拝啓 マルチメディア目安箱にメールをいただきありがとうございました。
 東日本大震災の被災地の早期復興のためには、災害廃棄物の迅速な処理が不可欠
であり、今回、国から全国の道府県及び政令指定都市に協力要請があったところで
す。
 この要請を受け、本県としては、実際に廃棄物処理を行う県内市町村等に対し、
廃棄物処理施設の処理能力や地域住民の理解を含め、受入れが可能となる条件等に
ついての検討を依頼しているところであり、国に対しては、市町村等に対する説明
会を行うよう要請しているところであります。
 今後、被災地の早期復興のため負担を分かち合う観点から、県民の安全安心の確
保を前提として、国の説明や動向等も注視しつつ、受入れの主体となる県内市町村
に対し、助言、技術的支援を行ってまいりたいと存じます。
                           敬具
平成24年3月22日
(マルチメディア目安箱担当)
岡山県総合政策局公聴広報課長
吉 田 邦 成
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とこんな具合
この人達は本当に県民の安全を守ってくれるのでしょうか?
独自に放射能について調べて安全について考える事もなく
国から安全基準を与えてもらってウワベだけの復興支援をするのだろうか。
そもそも、このメールには
県自体は慎重にとか言いながら
国の側に立っているのがよく見える。

これからも僕達は
自治体の動きを良く見守っていくしかないようです。

僕らは瓦礫を拡散して処理する事には反対です。
基本的に放射能を閉じ込めておかない政策には納得できないし
焼却した時に放射性物質が拡散する事や
放射性廃棄物を含んだ焼却灰の処分の仕方も決まっていない事
結局、原発を作った原理と何一つ変わらないと思う。

僕は、もし仮に、本当に命について考え抜いた末の結果が
広域での瓦礫処理であるのなら受け入れる事が出来るかもしれないと思う。

最終的には「心の問題」なんだと思う。


東北で瓦礫を処理する事は雇用にもなるとも聞いた。
もちろん、そこでの被曝についても考える必要はあるけど
運搬する費用や他の地域に委託するときの費用
宣伝に使ってる広告費を
使って東北に放射性物質が拡散しない焼却施設を作れないものかな?

利権やお金それを重視するあまり
現実を都合よく解釈していく事はもう終わりにしてもらいたい。

瓦礫より人を西に運ぼう!



僕は今、日課のように
田んぼに入って水漏れと向かい合ってる。
表面をきれいにしても根本を見つけないと水漏れは終わらない。
小さな変化を見過ごさない事が
最近は一番大切な事だと実感してる。

何より泥にまみれて働いて
疲れて泥のように眠る事は本当に気持ちがいい!
手を使って身体を使って生きてたら
本当の命の輝きに会えるかな?



ちなみに電話での対応は
高梁市はしっかりとした口調で受け入れる考えがない事を言っていましたが
岡山県はグダグダで何を言っても分かってない感じだし
伝えておきますと言いながら電話切ろうとするし
駄目そうな感じでした。

みなさんも自分の自治体にそして県に電話してみる事をお勧めします。
きっと、電話の向こう側に本音が見えますよ。


ひろあき

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
何処にも捨てられない核廃棄物。
結局、核廃棄物じゃないか、もともと何処にも捨てられないんだよ。とにく、関西淡路大震災のときの瓦礫は他県にお願いなんてしていなかったんだぜ、なんで、今回は全国にばら撒いているんだよ。それも、莫大な税金を使って。おかしいよ。だれが?何を企んでいるんだ?それを手助けするような雇われ社員とか電話番人間とか、ちゃんと自分の心で考えてくれよ、そんなに、給料が欲しいか、ボクは命が欲しい。ここまで来ると最近は、世の中をパツキリ目を開いて見ようとしないグレーズに腹が立つ。グレーズは既にいろんな事を耳にしているはず、でも、自分に都合の悪い事にフタをして、考えないようにしているんだ。真面目に生きていないんだ、一度しか無いんだぜ、どうにかなる。なんて思っていたらどうにもならないって事さ。このことだけは、一人ひとりがやらないとどうにもならないんだ。ひろあきありがとう!あきめないよ。どうにかしようね。
吉田ケンゴ 2012/03/23(Fri)23:13:36 編集
洗脳大陸
今、世の中に流れる瓦礫受け入れや原発再稼働のニュースのように、多くの日本人がそういう考えに向かってるとは思えない。むしろ、そんな考えの人って実は少ないんじゃないかと思う。だけど、ケンゴマンの言うようにそれ以上に何も考えない人はもの凄い数いるんだと思う。
その人達がテレビや新聞で当たり前のように流される政府の思惑に簡単に流されていく事が本当に恐ろしい。
no money,my life!
貧乏だって生きていける!それが『器用貧乏」
ひろあき 2012/03/23(Fri)23:39:51 編集
新潟では
柏崎刈羽原発から10〜30キロ圏内にある長岡や津南。この前柏崎が止まる前に長岡でデモと講演会があった。200人くらいの人が集まったが、若手は数える程度でした。津南は声を上げる人が少ない。東電絡みの仕事の人が多いせいか、また津南には放射能は飛んできてないでしょって言う感じ。新潟県知事の泉田さんが柏崎再稼働について今は検討段階にも入っていないと言ってくれたのが救いです。
はらやん URL 2012/03/28(Wed)20:46:49 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
はおにろなほ
年齢:
37
性別:
女性
誕生日:
1980/02/21
職業:
つくりもの
自己紹介:
埼玉県飯能市→岡山県高梁市。
原発事故の翌日から始まった、自主的避難生活。
たくさんの人につながって、ながれついた先は岡山県。
どうしようもない思いに、お腹のそこから声をあげて泣いた日もありました。
そんな中で出会ったあたらしい仲間たち、そばにいてくれた見慣れたおとなやこどもたち。
わたしたちのたいせつなこと、たいせつなもの。
もういちど、深くかみしめざるをえなかった。
今やっと、あたらしいお家で仕事を始めることができました。
ちょっと山の中の、こじんまりとしたすてきなお家です。
助けてくれた多くの人たち、どうもありがとう。
もし、移住を考えている人がいたなら、どうか私たちを頼ってください。
はおにろは、ここ岡山で再出発です。
さあ、ぼっけえいいもの、作るぞ。





最新CM
[01/27 koji]
[05/29 はおにろ ひろ]
[05/29 koji]
[04/16 はおにろ なほ]
[04/16 寛子]
バーコード
最新TB
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]