はおにろ の 日々 はおにろ の 日々 雪と縄文と桜 はおにろ珍道中(小布施境内アートクラフト編) 忍者ブログ
岡山県高梁市の山の中。 ちいさな一軒家での4人と1匹の暮らし。
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
2017/08/22 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/04/19 (Mon)
それは、金曜日のこと。
高速料金のことを考えて、12時過ぎに出発しようと家で出店準備をしつつ、
みぞれまじりの外を気にする私たち。
4月のこの時期に雪予報です。
しかもこれから向かう場所、長野です。
タイヤ、ノーマルです。二駆です。チェーン、持ってません。
高速道路のテェーン規制をチェック。
こりゃもう軽井沢は絶対に抜けられないってなもんで、関越道路をあきらめ、中央道から行くことに。
なんとなしに行くさきの困難を感じ取り、ここはあがいてもしかたあるまいと少しゆっくりして、出発直前。
再びチェーン規制をチェックすると、その範囲はどんどん拡大。
正直、辿り着ける気がしない!!
多分早朝でても雪道だし、いまのうちに行けるとこまで行こうと車走る道中、雪は強まるばかり。
こりゃまいったよ。まいったね。まいったまいった。
高速に乗ったとたん道は白く、選択間違えちゃったかもーと叫びながら、後戻りできない私たちは時速40キロで、一番近いP.A.を目指します。
やっとこたどり着いた藤野P.A.。すーっと入っていったその先に、引きずり出されて来るは、”ここからチェーン規制です”の看板。
おやすみなさい。。。
朝。クラフトフェアに電話をいれ、今日いつ着けるのか分かりませんと告げると、今日はもうみなさんにおまかせしています、とのこと。
てなわけで、だいぶ長くなったのでここからすっとばします。
その日はものすごく快晴で、雪もあっというまに溶けたのですが、途中でとんでもない忘れ物に気づきます。
タープのシート、忘れた!
あれがないと、草木染めに太陽あたりっぱなしはまずいのです。
慌てて今日埼玉から長野に戻ると言っていた友人ナオキ君に電話すると、快く高速上で受け渡してくれることに。
なんてすばらしい!ほんとうにありがとう。
そこでもう今日は開催時間に間に合わないことも決定し、待つ間、P.A.の縄文博物館も堪能。
明るい時間ぎりぎりに現地入りし、ぐちゃぐちゃな道を手運びでえんやこらーっと荷物を運び、境内を散歩して就寝。
ようやっと店開きの日曜日。

ここはすばらしい満開の桜でした。

朝は、きじがその桜の下を歩いていました。
ひさしぶりの友達にも再会、新たな出会いもありました。
帰りはひょんなことからおいしい蕎麦を頂き、帰路へつきましたっとさ。

ナホ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
はおにろなほ
年齢:
37
性別:
女性
誕生日:
1980/02/21
職業:
つくりもの
自己紹介:
埼玉県飯能市→岡山県高梁市。
原発事故の翌日から始まった、自主的避難生活。
たくさんの人につながって、ながれついた先は岡山県。
どうしようもない思いに、お腹のそこから声をあげて泣いた日もありました。
そんな中で出会ったあたらしい仲間たち、そばにいてくれた見慣れたおとなやこどもたち。
わたしたちのたいせつなこと、たいせつなもの。
もういちど、深くかみしめざるをえなかった。
今やっと、あたらしいお家で仕事を始めることができました。
ちょっと山の中の、こじんまりとしたすてきなお家です。
助けてくれた多くの人たち、どうもありがとう。
もし、移住を考えている人がいたなら、どうか私たちを頼ってください。
はおにろは、ここ岡山で再出発です。
さあ、ぼっけえいいもの、作るぞ。





最新CM
[01/27 koji]
[05/29 はおにろ ひろ]
[05/29 koji]
[04/16 はおにろ なほ]
[04/16 寛子]
バーコード
最新TB
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]