はおにろ の 日々 はおにろ の 日々 日本全国のあなたへ 忍者ブログ
岡山県高梁市の山の中。 ちいさな一軒家での4人と1匹の暮らし。
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
2017/04/27 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/01/28 (Fri)
日本全国のあなたへ


19歳、20歳の僕達5人は、
上関原発予定地の
工事一時停止と、
埋め立て工事再検討を求めて、

只今山口県庁前で、
ご飯を一切食べない
ハンガーストライキをしています。


皆さんのお陰で一週間、
無事に意思表示
出来ています。


全国から
沢山の応援メッセージや
カイロや衣服。


凄く力になります。

ありがとうございます!!



そして当初、
マスコミには10日程
ハンガーストライキを続けると答えました。


もちろん
僕達の中で必要ならば、
10日以上ハンストを続けるという話にはなっています。


大丈夫だと言いつつも、
僕達のアクションは
確実に命を
削っています。


こうまでして
メッセージを送っている山口県知事。


だけじゃなく、
やっぱり日本に住む
「電気をつかう」
全国のあなた達への
メッセージなんです。


これからの日本を
つくっていく
僕達の世代や、
これから産まれてくる
次の世代へ本当に
大切な事を伝えたい。


大切な海を
埋め立てる事、


僕達を生かして
くれている地球が、
助けを求めている
ように感じてます。


じゃあ僕達に
何が出来るだろう??


国の方針を
変えること??


国とは僕達1人1人なんじゃないの??


全て任せて
見て見ぬ振りで良いの??


今からで良いので
一緒に考えませんか??


まずは
電気の事、
原子力発電所の事、


原発を造る際に分断する
賛成と反対の対立。


その争いによって
出来た発電所の電気の
ほとんどが、

大阪や東京等の
都市部に送られる事。


発電にあたって出る
核のゴミ(死の灰やプルトニウム)
の処理方法がいまだ
確立されていない事。


原子力発電所の
寿命は約40年程、
その解体も
確立されていない。


そしてなにより
広島・長崎原爆のように、
放射能が出るという事。


先ずはあなた自身で
調べ感じて下さい。


そしてその事を
自分自身の中で解釈し、
知識にして下さい。


それが僕達の
お願いです。


一緒に考えよう。
本当にお願いします。

hungry boysより
愛を込めて



僕達のブログ
http://blog.goo.ne.jp/newgenerations

Ustream映像
http://www.ustream.tv/channel/hungryboys


元一級配管技能士
平井憲夫さんの著書
http://blog.7gwalk.org/?eid=1261937



    
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんにちはー!
昨日、akiちゃんのお店でお会いしたあみぐるみ屋のkasumiです。
いっぱいしゃべっていっぱい笑って、すごーく楽しかったです^^
日大前の美容院の展示会、ゼッタイ行きます!WSも楽しみに待ってます♪
染めて編めて泳げる人になりたいです(笑)

あと今日の日記にこちらのブログとハンストのサイト、リンクさせて頂きました。
私みたいに、考えてもみなかった人がひとりでも減りますようにっ!
kasumi URL 2011/02/02(Wed)18:17:30 編集
こんにちわ
コチラこそ楽しかったです!
これからどんどん楽しくて
笑いの止まらない世界作っていこ〜
まずは自分たちの周りから
波紋のように広げてこう

知って感じて考えて
素敵な世界になるように!!

hiroaki 2011/02/02(Wed)18:54:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
はおにろなほ
年齢:
37
性別:
女性
誕生日:
1980/02/21
職業:
つくりもの
自己紹介:
埼玉県飯能市→岡山県高梁市。
原発事故の翌日から始まった、自主的避難生活。
たくさんの人につながって、ながれついた先は岡山県。
どうしようもない思いに、お腹のそこから声をあげて泣いた日もありました。
そんな中で出会ったあたらしい仲間たち、そばにいてくれた見慣れたおとなやこどもたち。
わたしたちのたいせつなこと、たいせつなもの。
もういちど、深くかみしめざるをえなかった。
今やっと、あたらしいお家で仕事を始めることができました。
ちょっと山の中の、こじんまりとしたすてきなお家です。
助けてくれた多くの人たち、どうもありがとう。
もし、移住を考えている人がいたなら、どうか私たちを頼ってください。
はおにろは、ここ岡山で再出発です。
さあ、ぼっけえいいもの、作るぞ。





最新CM
[01/27 koji]
[05/29 はおにろ ひろ]
[05/29 koji]
[04/16 はおにろ なほ]
[04/16 寛子]
バーコード
最新TB
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]